どんな匂い

ローヤルゼリーはいつごろから流行りだしたの?

ローヤルゼリーは今でこそ多くの人が健康と美容のために飲んでいますが、いつごろくらいから世界で認知され愛されるようになってきたのでしょうか。
世界的にいうと、ギリシャの有名な哲学者アリストテレスが文面でローヤルゼリーに触れていることからすごく長い歴史があることが分かります。
それに比べて日本では採取が1960年代くらいに始まったのでまだそんなに経っていないことがわかります。

日本では古くから養蜂場があり、ハチミツの採取は行われていましたが、ローヤルゼリーに関しては認知されていませんでした。
ハチミツと一緒に気づかずに採取していたわけです。
しかし、90年代に入るとローヤルゼリーが万能薬に近いことに目が向けられ、そこから人気に火が付きだします。

とりわけ、政治家にはじまり、有名人もこのローヤルゼリーの摂取で健康を維持できたと公に言い出してから現在に至るまで非常に高い人気を誇っています。
しかも、人気が出ればそれに合わせて供給の仕方も改善されていきます。
ですから、今では生だけではなく、乾燥のもの、カプセルタイプのもの、調整タイプのものなど様々な形で販売され多くの人に愛されています。
歴史は日本では浅いですが、多くの人が虜になっています。

このページの先頭へ