どんな匂い

ローヤルゼリーってどうやって作られているの?

万能の健康食品と呼ばれるローヤルゼリーですが、どの様に生産されているのでしょうか。
一般的に知られているのが、ローヤルゼリーはミツバチ達が女王バチのために準備する食料だということです。
しかもその特別な食べ物をミツバチは自分の体内で作り上げます。

このことを考えるとたくさん生産するのは難しいと言えます。
ではどうやって生産されているのでしょうか。
実はおどろきなのですが、すべてが手作業で行われます。

まず幼虫の段階で女王バチ選びが始まります。
そしてその未来の女王バチのためにローヤルゼリーが運ばれてきます。
それで、最初の作業は巣から女王バチをいなくします。

そうすると、働きバチ達が新しい女王バチを作ろうと新しい幼虫のところにせっせとローヤルゼリーを運んでくるのです。
それを採取するという方法です。
しかし、当然機械で摂取することなど不可能なので、まずピンセットで幼虫をどかし、その巣の中に溜まっているローヤルゼリーを取り出します。

この作業がいかに慎重に行われるかは容易に想像できます。
これだけ丁寧に扱われて、私たちの口に入るまでに様々な工程を得ているわけです。
ローヤルゼリーは健康を届けるために養蜂場の人たちが一生懸命働いて作っているものなのです。
また、よく知っておきたいのがローヤルゼリー服用時の注意点についても参考にご覧ください。

このページの先頭へ